裏で相見積もりをとられる3か条

最高のパートナー扱いをしてもらえる。定期的に発注をもらえる。なにかあると、すぐ相談してくれる。定期的な取引につながっている。このようなお客様は大事にすべきですが、甘えてばかりではいけません。

裏で相見積をとられる3原則があるのでは、と、気付きましたので、自戒もこめてメモします。

1、低品質

一度きりの受発注でポンと評価されるものなら、これは次には繋がりにくいですし、例えば物流倉庫なら、日ごろはちゃんと回ってても、なんかエラー度が高いな・・という、目に見えない低品質もあります。

問題外っちゃ問題外ですが、サービス提供側としては、「初期の値下げが効いてこんな結果になってしまっている」「特殊な業務フローがあってエラー度が高い」「善意で追加仕様を引き受けたら以外と量が多くて、逆に工数が足りなくなって間に合わせになっている」など、様々な原因はあるかもしれません。そういうのをしっかり伝えて、問題解決を図ることが、もしかしたら必要なのかもしれません。

2、高価格

一度・二度と出した見積もりで受発注ができたからといって、いつも価格に満足しているわけでは無いかもしれません。日本人は奥ゆかしいので、不満を口にしません。そのかわり、ある日突然パートナーを変える・・とか、水面下で別のパートナーを探す・・・というのは、よくある光景です。

また、サービス提供側は適正価格と思っていても、発注側は相場はしらないので、そのギャップで変に安い悪い業者を捕まえちゃって乗り換えられる・・・という、ダブル不幸を引き起こすこともあります。

いかに適正価格であり、業界内でも高いパフォーマンスであるか、ということをきちんと説明することで、回避できそうです。

3、いいものをつくるけどビジネス的信頼がない

態度が気に食わない、ちょっとしたホスピタリティが期待を上回らない・・・など、発注書の要件は満たしているんだけど、がんばってくれてるのは解るんだけど、だけどちょっとね。という取引ケースも少なくありません。あるいは、納期が微妙に遅い(けどいちいち言うのもなんだから黙ってる)とか、そういうのもありますよね。

これは日々精進の領域に近いですが、自分も他業者に発注をかけてみるなどして自戒していくしかないのではないでしょうか。

願わくば、裏で相見積をとられたら、逆に納得して信頼UPで取引継続できるような、そんな仕事がしたいですね。