【書評】ロープライス・エブリデイを読みました

世界最大小売店のウォルマート、その創業者の伝記です。日本では西友の親会社になっちゃいまして、そのときはアメリカの謎企業すげぇ!イオンとかのアメリカ版かな?とかいろいろ想いを馳せていたところですが、そのうち当然のようにウォルマートについては目に触れる機会、耳に触れる機会はふえていき、ロープライス・エブリデイに出会うのは必然だったよに思います。

(1)
ロープライスエブリディを入手するまでに、様々なところでウォルマートのことを見聞しましたが、最後の決め手となったのが「ザ・プロフィット」という本です。これはこれで素晴らしい本でまた再読をじっくりしなければいけないのですが、その中で師弟の会話で「ウォルマート伝記のロープライスエブリディを読みなさい。小売業やってるなら古典レベルだがね。」とありまして。

Eコマースはそれこそ小売業であり、またセブンイレブンで6年間働き店長を勤めたことがいまとなっては誇りでもある自身にとって「小売業の古典」といわれて手に取らないわけにはいかない。探してみるともう絶版で、Amazonマーケットプレイスでなんとか手に入れた経緯があります。そこまでしなければもはや手に入らないという本もなかなか素晴らしい。
垂涎モノで入手し、電子書籍に本を突っ込みまくっているくせにこの本だけは日ごろもちあるいて、他人に自慢もしつつ(自慢された各人、意味不明みたいな顔をしておりましたが)、実に楽しく読み上げたものです。

(2)
ちなみに、話はそれますが。売り切れているけど人気がでてて、さらには定価よりも高い価格になってAmazonマーケットプレイスで売られている本ほど、なかなか勉強になるものです。過去、そういったものがいくつかありましたが、橋下徹さんの交渉術の著書がヤバかったですね。
定価が1200円くらいの普通の交渉本で、まだまだTVにでる前にだされてたようなのでもう絶版なのですが、大阪府知事に立候補した人気フィーバーのときに内容がすごいと話題になり、2000円に値上がり。買ったはいいもののなんと引越し前の住所に送ってて入手できず、次に見たら4000円になってたのですが仕方なく買い、その本を入手するために6000円払ったことになります。さてその交渉術が今日役に立ってるかと自問すると、胸が痛い思いになりますので、ちょっと再読の時間はつくろうとおもうわけなのですが。

(3)
ロープライスエブリディは話の構成がサム・ウォルトンさんのべた褒めインタビューで構成されてるので、ところどころ気持ち悪いほどの賞賛っぷりがみられるのですが、それは創業者サムさんの強みでもあると思うのです。自分が作り出すもの、評価されるもの、すべて完璧じゃなければ気が済まない。だからお店にはいって改善点は店長と協議する等の細かい業務も怠らなかった。ビジネスって、理想論をいうのは簡単だと思うんですけど、【言うは易く行うは難し】の巨大集合体みたいなもんですからねビジネスって。そう思います。
だから性格からして熱中していたんだろうなぁという点が観測され、熱量と信念と興味というもので強豪を圧倒していたようにおもうわけです。

(4)
この本からウォルマートの大成功を読み解くときに、共通点を見出した過去の本がありました。「スターバックス成功物語」です。ハワード社長による自伝でスターバックスコーヒーまでの成功が描かれておりますが、ウォルマートも、スターバックスコーヒーも、惜しみなくスタッフに株式を分け与えてたんですよね。キャピタルゲインを手にした従業員は、真の意味で会社に貢献すると。ウォルマートなんていうのは、「値下げすればするほど利益は増え、その利益をスタッフに分配すればするほど利益が増えた」という風にいいますからね。普通の経営者だったら逆の判断をしそうなものです。

(5)
じゃあ結局、株式配って上場したらいいね値上がりしたらいいねで、金でスタッフのモチベーションをコントロールするのか、と、いう話になるとおもうのですが、そこに真理を感じるわけですが、半分金で半分愛なんだと思いますやっぱり。そこって直視しないと実は成功に近づけないんじゃないのかなぁと。気合いとビジネスモデルで創業者筆頭株主で崩さず上場している会社のほうが多いなかでも、小売業においては少なくともそうなんじゃないかなと。
金なのか愛なのか、ではなく、両方なんですよね。スタッフが会社を愛してくれるように一生懸命経営理念を話す経営者はたくさんいますし、むしろそれが仕事ですが、非上場時からキャピタルゲインを意識させるアメリカ風のやり方で「ビジョナリー・カンパニー」「従業員が幸せそうな会社」って呼ばれてるウォルマートとか、スターバックスコーヒーとかの事実を、きちんと承知はすべきなんだと思います。まだこのストック・オプションで跳ねた小売業の事例が、読書の蓄積では2社しか手元にないので、心もとない主張なのかもしれないですが・・・。

(6)
ところでセブンイレブン大好きでセブンイレブンはビジネスも品質もよく練られているなぁと関心するわたくしからすると、同じくウォルマートのビジネス開拓は凄まじく興奮するところです。発展途上のアメリカにおいてのアクロバティックなものもあり、参考にはならないのですが、

■自家用ジェット機で空中から出店場所を探した
■ウォルマートを、都会から少し離れたところから囲むようにつくって、その後その都市が成長して都会エリアが広くなってくるのを待つ

などなど、いま日本では出来ないようなモデルさえでてきます。
びっくり仰天ですがこういう考えもつかないものを脳に仕入れておくという意味では意義のある本でした。

(7)
キャピタルゲインの話に戻りますが、本の中には、キャピタルゲインで家を買ったトラック運転手さんの感謝話がでてきます。さすがにその規模はアメリカで・あの時期で・売上10兆規模まで右肩上がりだったから成し遂げたんじゃないの、という風に、規模感に疑問は感じなくもないです。でもそれは古典並の本に2013年のいま手にしてる僕が悪いのでケチ付ける権利はありませんね。

「ドキュメント副知事」最高にクールな都政ストーリー

都知事選を前に、猪瀬副都知事の最高にクールな都政ストーリーが記された本。本当は早急に「IKEAモデル」を読みたかったのですが、思わず手にとって、読破してしまった。

石原都知事に関するストーリーでもある。78歳で都知事選挙の4選に挑み、開票1分で当選確定という圧勝たる圧勝をしたのが2011年4月、そして石原新党をつくって国政に打って出るのが80歳。なんかこの御年だからこそ増幅されているパワーがあるような気がして、とんでもなさすぎるパワーに、ますます惹かれます。
尖閣諸島やオリンピック、複式簿記による都政財政再建、しびれていました。

そして、ツイッターを活用した猪瀬副都知事の発信を受け続けているうちに、猪瀬さんのほうにも興味が出てきた折。そんな折に、石原さん国政に伴う出馬、そしてこの本。

もちろん、こういった書籍なので基本的にポジティブに描かれています(まぁ、当たり前の話ですが)。ただ、僕らは何をもって候補者に惹かれたり、劇場型政治手法に熱狂したりするのかというと、ストーリーを示して欲しかったり、ストーリーが見たいと思うんですよね。政策面での一致があるかどうかという点も有権者にとって必要ですが、ぶっちゃけ、ストーリーの続きが見たいから、という理由で投票をする気持ちがあるはず。
こういう書籍は、ファン増幅装置としての役割はもちろん期待されているとおもいますが、その思惑通りに一層、これからのストーリーに引きこまれていくのでした。

東京都知事は、日本の大統領くらいのポジション、という風に表現するひともいます。長い政権、有権者によって選ばれ、国よりも迅速に行政展開ができる。

この本は、政治停滞している国政というバックグラウンドによってさらに面白味を増しています。日経新聞をスマホでみつつ日頃ため息混じり、ため息にも慣れてしまったこの政治状況を横目に、するする進む行政ストーリーは、快感でもありますよ。「もっとゴリゴリ進めてしまえ!」と応援する気持ちになります。そういう意味で、最高にクールな都政ストーリーだと思います。

■特段メモしておきたい事項

・便利なマネジメントツール「仮想敵」を使う。

・石原都知事が2008年、大阪府知事・橋下氏に伝えた政治五箇条
 「大統領制を敷け」
 「財政を立て直せ」
 「グレートコミュニケーターとなれ」
 「破壊的な教育改革をせよ」
 「役人にはだまされるな」

・石原の戦略の一つに、強烈なトップダウン手法がある。根回しや関係者の合意形成を優先すると、情報が反対勢力に筒抜けになり、事前に対策をうたれる。

村上隆『創造力なき日本』で学んだ世界との戦い方

村上隆さんという人物をはじめて知ったのは、知人の前職がカイカイキキというところで働いていたときに聞いたときでした。デザイン会社の社長で、有名だけど、「僕が出会った人間の中でもトップクラスのクズ人間」と聞かされていました。

他方で、その後村上隆さんの事を聞くにつれ、アメリカのなんとか誌で世界で影響力のある100人に選ばれてたり、ルイヴィトンとコラボしているなどの実績を把握し、次第に興味がでてきたものです。

他方で、個人的に2012年のベスト本10にはいる「10年後に食える仕事、食えない仕事(著/渡邉正裕)」には、「デザインやアートのみが世界中で高単価を維持する魔法」というひとつの結論がでてきます。グローバル化していくなかで、コールセンターやレジ打ち、SEは賃金が世界中の中で一番安いところに収れんされていくとしたキャリア本ですが、キャリア本としてではなく経営視点でこの本を読むと、いろいろなことに気付かされます。そのうちひとつの気付きが、「アートで突き抜けると青天井、ただし競合は世界」ということでした。

グローバル経営、アートで突き抜ける、その先駆者といっていい村上隆さんから何か学べることはないだろうか、そして村上隆さんを「僕が出会った人間の中でもトップクラスのクズ人間」と言い放つ友人からの裏話も聞きつつ、読んでいます。

■大事にしている「仁、義、礼」と「挨拶」
最近欠けているなぁと思うのがこういう部分であり、グローバル経営を学ぼうと思ったところでこういう心の根幹部分に出会う。
「致知」をまた購読しようかな、「修身」をまた読みなおそうかなという気になりました。こういう物に触れていた時のほうが、メンタル強く、洗練されていたような気がする。今はその研ぎ澄まされていたものがぼやけている感覚が少しある。

■村上隆さんはアート×営業マン
おもてなしの心を徹底し、またアートの主戦場である西洋文化のルールを徹底的に学習・研究した。ここが、お絵かきだけしているそこらへんの美大生あがりのひととの違い。美大生あがりで就職もできず、まともに自分のことも話せない25前後の男女は、求人をしてて何度もであってきた。コミュニケーションを閉ざしお絵かきが好きで美大や専門学校まで進んだひとには、アートで成功することは不可能、という。

■何によって成功したのか、したいのかを意識する
・天才型
・天然型
・努力型
・偶然型
・戦略型
・死後型
自分をアスリートだと思う。アスリートは、自分のことをよく知っていて、それに見合ったトレーニングを積む。

■島田紳助さんの「XY理論」ともシンクロ。
Xとは「自分ができること、人に勝てること」、Yとは「時代の流れ」。XとYがクロスした時に「売れる」という成果につながるという考え方がありますが、村上隆さんも別の表現をもって説いています。

「アートとは歴史を理解し、その歴史と自分史、現在と歴史の座標点のズレ、同期可能な部分などを作品内で検証し、解決していくパズルゲーム」

—————-
結論として、

・仁義、礼、挨拶、縁というものを大事にする基礎
・スティーブ・ジョブズが「アートとテクノロジーの交差点」にいたように、村上隆は「アートとセールスの交差点」にいた
・戦略的である

というのがあげられますね。字が大きくて読みやすいだけでなく、いろいろと今の自分に刺激になるメッセージも多く、アート業界のことも勉強できていい本でした。

「MAKERS」で考えた、変化が起きそうな3つのビジネス

クリス・アンダーソンさんの書籍だということだけでも手に取るべき感がある雰囲気高い本ですが、どんなもんなんだろうと思いながら読書。

世界のベンチャー事例がたっぷりあり、クリス・アンダーソンさん自身がMAKES系ベンチャーを立ちあげてたりと説得力抜群、産業革命レベルなのかは解らないけど確実にビジネスに変化起きるよねという印象はもったところです。
このMAKESなる本がでたからか解らないけど、3Dプリンターもメディアにでてきたりしてて、認知度も高まるデジタルファブリケーションの世界。単なる「もの作りカフェ」とか「趣味とかコミュニティとか」の世界じゃなく、しっかりと影響しそうなところを考えるところでございます。

■はんこ屋業界って3Dプリンターで参入できないのかね?

3DプリンターやCNC装置でつくれるオリジナルモノで、そんなに複雑じゃなく、プラスチックなどいま3Dプリントできる素材でできるものっていったときに、ハンコってオリジナルだよねと思うわけです。

「はんこ屋21」

とか、フランチャイズがあるわけだけど、これが、加盟料400万円。十分にハンコがつくれる3Dプリンター系、デスクトップファブリケーション機器が揃えられるんじゃないかと。
「名刺のアイボス」感覚でハンコがつくれるようになるんじゃないかと想像に至りました。

その土地に根ざして地域の印刷ソリューションになっている「はんこ屋21」さんとかとは違い、ここでは「はんこの通販」ですよね。楽天でもYahoo検索上でも非常に大きな市場になってますが、これってだれでも出来るようになっちゃうと、競争激化間違いなし。聞くとこによると利益率がやばいらしく、ほぼマーケティング費用となると、SEO業者がハンコ屋とか展開しちゃうとひとつの業界変動起きちゃう予感はしなくもないです。

(まぁ、SEO業者がアフィリエイトのみならずEコマースしだす事例に話が及べば、結構なんでもイノベーションの余地あるんだけど。)

■ギフト業界に波が起きそうじゃない?

フォーマルギフトって、カタログギフト的なもので済ませようとするひとがいる一方、いかにサプライズをしようか、顧客側も悩んで「商品」「ギフトサービス」の組み合わせでいろいろ高単価の商品が選ばれてたりします。

結婚や出産、還暦祝いなんかは、「名入れ」の文化もあり、これってEコマースの現場では30人分だけのためにモノつくりをするという、超少量生産で労働集約型なんですけど、デジタルファブリケーションの波によってひとつイノベーションの余地がある方面だなぁという気もします。

例えばそこそこオフライン通販でも楽天でもYahoo検索でも市場形成してる「出産内祝い」において、ベネッセのたまひよがカタログ通販で目立っており、特に名入れのカステラなんかが売れ筋なわけです。名入れってなんで可能なのかというと、フォントが揃っててそれに応じた2Dのプリンティング技術ってだけなんですよね。

逆に言うと、低コストでの砂糖とかで立体物の「印刷」ができるようになると、オンラインの受注で自動的になにかサプライズを演出できる要素が増えるので、ギフトとしてのサプライズ競争ってあとはアイデア勝負に

■オリジナルジュエリーの通販

上のギフトのやつと「感動の起こし方」という点では似てるけど、ギフトサービスではなくて製品そのものでのデジタルファブリケーションを考えた時に、少量生産で利益がでるようになると参入しやすくなるのが「オリジナルジュエリーの通販」だなと感じるわけです。

ハート型でも微妙に趣が違うやつとか、キャラクター版権とかいろいろテンプレート100種、それとアルファベットや文字入れの組み合わせで、無限にパターンがつくれます。
既成品ではめこめる天然石のところとかも色、サイズ選べるようにしたりして。
オンライン上でもプレビューできてそれが1個から手に入る。数千円~10,000円とかで全然売れますよね。これ原価はやっぱそこそこ低いわけで、WEB側のユーザーインターフェースとあわせて数百万円で起業できる。

あとは素材。ガラスとか銀とかいろいろ3Dプリントが本格的にできはじめたら、ジュエリー通販もかなり構造がかわるんだろうなぁ。

——————–

というわけで、自分がネット通販の専門家だからって3つとも通販ネタにはなってしまったのですが、ビジネス妄想でした。これらを見越した、CADデータつくりの受け業とかも盛り上がりそうですね。

「世界を創った男 チンギスハン」

チンギスハン、モンゴル帝国というものに少なからず興味があり、手にとった本。「世界を創った男 チンギスハン」。

wikipediaより。

——————
大小様々な集団に分かれてお互いに抗争していたモンゴルの遊牧民諸部族を一代で統一し、中国北部・中央アジア・イラン・東ヨーロッパなどを次々に征服して、最終的には当時の世界人口の半数以上を支配するに致る人類史上最大規模の世界帝国、『モンゴル帝国』の基盤を築き上げた。
——————

やばい規模デカすぎるし壮大すぎる。

本としては、登場人物の名前が覚えにくいので、エッセンスだけ速読できないかなぁとぱらぱらめくっているところです。

■何故彼は世界征服を狙ったのか?

■統治した土地はどうやってマネジメントしたのか?

■どうやって軍隊を率いたのか?

■彼の終わりや、帝国の崩壊はどのようなものだったのか?