アイデアメモなど。11/30

  • どうぶつの森、iPhoneで遊べるならやっていい、というひとは少なからずいるとおもうけど… ->
  • ドコモがGALAXYにかけてる宣伝費が見境無さすぎになってきてるような気がする。 ->
  • shareeeっていつの間にか楽天グループになってたんだね! ->
  • docomoのNEXTシリーズとwithシリーズは何が違うの?という問に対しては、「withシリーズは動作が重いけどかわいいんだよ」という回答。あってる? ->
  • 「ドキュメント副知事――猪瀬直樹の首都改造・一八〇〇日」を読んでる。西麻布に、四方を本棚で囲まれた書斎兼寝室、があるらしい。これこれ。こういう部屋がほしい。四方を囲まれているというのが重要。 ->
  • 便利なマネジメントツール「仮想敵」 ->
  • 石原都知事が2008年、大阪府知事・橋下氏に伝えた政治五箇条「大統領制を敷け」「財政を立て直せ」「グレートコミュニケーターとなれ」「破壊的な教育改革をせよ」「役人にはだまされるな」 ->
  • 「維新ブランディング」は4年も5年も前から行われていたのであって、そういうのを準備というのかもしれない。 ->
  • 「石原の戦略の一つに、強烈なトップダウン手法がある。根回しや関係者の合意形成を優先すると、情報が反対勢力に筒抜けになり、事前に対策をうたれる。」 ->
  • Appleさんのことだからきっとコンセントどうにかしたいぜ!ってなってるはず。 ->

村上隆『創造力なき日本』で学んだ世界との戦い方

村上隆さんという人物をはじめて知ったのは、知人の前職がカイカイキキというところで働いていたときに聞いたときでした。デザイン会社の社長で、有名だけど、「僕が出会った人間の中でもトップクラスのクズ人間」と聞かされていました。

他方で、その後村上隆さんの事を聞くにつれ、アメリカのなんとか誌で世界で影響力のある100人に選ばれてたり、ルイヴィトンとコラボしているなどの実績を把握し、次第に興味がでてきたものです。

他方で、個人的に2012年のベスト本10にはいる「10年後に食える仕事、食えない仕事(著/渡邉正裕)」には、「デザインやアートのみが世界中で高単価を維持する魔法」というひとつの結論がでてきます。グローバル化していくなかで、コールセンターやレジ打ち、SEは賃金が世界中の中で一番安いところに収れんされていくとしたキャリア本ですが、キャリア本としてではなく経営視点でこの本を読むと、いろいろなことに気付かされます。そのうちひとつの気付きが、「アートで突き抜けると青天井、ただし競合は世界」ということでした。

グローバル経営、アートで突き抜ける、その先駆者といっていい村上隆さんから何か学べることはないだろうか、そして村上隆さんを「僕が出会った人間の中でもトップクラスのクズ人間」と言い放つ友人からの裏話も聞きつつ、読んでいます。

■大事にしている「仁、義、礼」と「挨拶」
最近欠けているなぁと思うのがこういう部分であり、グローバル経営を学ぼうと思ったところでこういう心の根幹部分に出会う。
「致知」をまた購読しようかな、「修身」をまた読みなおそうかなという気になりました。こういう物に触れていた時のほうが、メンタル強く、洗練されていたような気がする。今はその研ぎ澄まされていたものがぼやけている感覚が少しある。

■村上隆さんはアート×営業マン
おもてなしの心を徹底し、またアートの主戦場である西洋文化のルールを徹底的に学習・研究した。ここが、お絵かきだけしているそこらへんの美大生あがりのひととの違い。美大生あがりで就職もできず、まともに自分のことも話せない25前後の男女は、求人をしてて何度もであってきた。コミュニケーションを閉ざしお絵かきが好きで美大や専門学校まで進んだひとには、アートで成功することは不可能、という。

■何によって成功したのか、したいのかを意識する
・天才型
・天然型
・努力型
・偶然型
・戦略型
・死後型
自分をアスリートだと思う。アスリートは、自分のことをよく知っていて、それに見合ったトレーニングを積む。

■島田紳助さんの「XY理論」ともシンクロ。
Xとは「自分ができること、人に勝てること」、Yとは「時代の流れ」。XとYがクロスした時に「売れる」という成果につながるという考え方がありますが、村上隆さんも別の表現をもって説いています。

「アートとは歴史を理解し、その歴史と自分史、現在と歴史の座標点のズレ、同期可能な部分などを作品内で検証し、解決していくパズルゲーム」

—————-
結論として、

・仁義、礼、挨拶、縁というものを大事にする基礎
・スティーブ・ジョブズが「アートとテクノロジーの交差点」にいたように、村上隆は「アートとセールスの交差点」にいた
・戦略的である

というのがあげられますね。字が大きくて読みやすいだけでなく、いろいろと今の自分に刺激になるメッセージも多く、アート業界のことも勉強できていい本でした。

『長続きする会社は、自らを再発明するものだ。』

Steve Jobs II に書かれる一文でこんなのがあります。

『長続きする会社は、自らを再発明するものだ。』

一個成功したからといって、しがみついて利益をチューチュー吸うことは、楽だが死に近づくに等しい。栄光にしがみつかず、あたらしい産業や市場にトライすること、これは怖い事だと感じるのは当たり前。

でも挑戦し続けないといけない。
Appleのように、自ら前のモデルを陳腐化させて新しい商品を手に取らせて、はじめて一人前なのかもしれないですね。

アイデアメモなど。11/24

  • っていうかヤマト運輸/佐川急便がEコマースやったらあかんの?水、お米、書籍、ゲーム、家電、服、サプリメントがまさに物流リソース使いたい放題で「今日来る」→「今くる」できるんじゃないの? ->
  • Amazonを倒せる日本企業は、もはやヤマト運輸/佐川急便しかいないよ!楽天はkoboで火傷してる場合じゃないし、E商店街プラットフォーマーなのがいいんであって、「商店街」から「自動販売機」への転換はやらなくていいと思うし。 ->
  • 20代男子においては、幼少期~小中学生でドラクエ2をプレイしたか?していなか?で、分類分けができるような気がしてきた。 ->
  • ドラクエやFFの「ドラゴンがうようよしててエンカウントする感」と、敵をめった斬りにして楽しいゼルダ等の3D格ゲーの要素、これを再現したのがモンハンという解釈でOKですか? ->
  • ニコニコ動画とか絶対、居酒屋で生まれたようなサービスだよねあれ。 ->

アイデアメモなど。11/21

  • 次のモバイル環境が、mac book pro(15inch)+iPhone5+AQUOS PADという構成になりそう。WIndows8陣がもたもたしてるあいだにmacのほうに興味がでてきた。 ->
  • 歴代のプリンターとはよく喧嘩をしている。 ->
  • 結局、家庭用のa4クラスでは完璧なプリンターってまだ無いよね。 ->
  • Windows7の環境を再構築してる。 ->
  • PCから買い直そうかとおもってたとこだけど、Windowsの環境再構築して復活したので、Windows7で引き続き来春までがんばる! ->
  • evernoteがデフォルトめちゃださいフォントなのはどうにかしてくれマジ ->
  • 暖房でぬくくなった部屋って集中力が削がれる。少し寒いくらいの部屋でコーヒーすすりながら仕事するのが一番いい。 ->