【映画】ローマ帝国の滅亡の感想

「スパルタカス」で紀元前ローマの奴隷戦争をたのしく学んだあと、来春のヨーロッパ旅行にむけてさらなる西洋文化史のインプットをするためにいろいろと映画をチョイス。昨日は、「ローマ帝国の滅亡」を鑑賞いたしました。これも3時間あるんですよね。2時間の映画でさえ全部みるのが辛かったのに、映画のまえには予習し、映画見終わったら復習と感想をして学習に奥行きをもたせるなど、惜しみない時間のつかいかたをしております。

あらすじ
領土を拡大するローマ帝国も五賢帝時代には拡張の限界を迎えざるを得なくなった。蛮族ババリアと東ペルシャはいまだローマに屈してはいなかった。
病床のアウレリウス帝は後継者の選定に悩んでいた。息子のコンモドゥスはあまりに暗愚であり、有能な軍団指揮官リヴィウスに禅譲する以外ないと考えるようになった。しかしながら、後継者を指名する以前にアウレリウス帝は盲目の侍従クレアンデルによって暗殺され、慣習によってコンモドゥスが帝位を継承することになった。 ・・・ 

映画・ローマ帝国の滅亡の感想なんかをシェアさせていただきます。

(1)
結論から言うと、「ローマ帝国の滅亡」というよりかは「ローマ帝国の失敗」みたいな内容だったのではないかと思います。英語タイトルでいうとthe fall of the roman empireなので、「The」まで付くFallが、THE失敗のような感じだったらしっくりくるのですが、史実と見比べてみても、コンモドゥス帝さんの死が滅亡の始まりとするにはなかなか早い解釈なのかもしれません。コンモドゥス帝さんの死から、ローマ帝国の滅亡(西ローマの崩壊)まで、計算してみると300年弱ありましたからね。まぁ、映画は誰かの主観的なメッセージや解釈で描かれてしかるべきなので、むしろ”そういう解釈なのね”という風には、落としこみはできます。

(2)
当時は広くなりすぎた領土、バラバラの宗教に人種、これらを束ねるために皇帝は大変なご苦労をされていたように思います。本作の主人公でありバカ殿役となっているコンモドゥス帝のパパさんは、ある程度良識のある政治をして、各人種とそこの各軍を束ねていたように描かれています。

ただ、一方で、コンモドゥス帝が悪政をしていたかというと、そういう描写は多々あるのですが、じわじわ系ですよね。ディスカッションのなかでそういう事例があったり、いくつかの外交先に対しての態度や、税金UPなどの政策があったものの、それによって苦しむ民や外交先、というのは、コンモドゥス帝への部下からの報告によってしか知ることができません。
アルメニアと戦略結婚させられた姉、という史実と違うエッセンスをいれて、あら可哀想ですね、みたいな話を付ける暇があったら、コンモドゥス帝の悪政をもっと徹底的に描写したほうが、結果的には「ローマ帝国の滅亡」というタイトルと結びついてくるんじゃないのかな?と思ったりもします。

(3)
紀元前73年のローマを描いた「スパルタカス」では、剣闘士(グラディエーター)は奴隷のなかでも最下層の職業ということで、描かれてたのですが、さて西暦180年くらいの本テーマでは、剣闘士が皇帝になってるほど、剣闘士の地位向上しすぎでしょ何があったの?ということになっています。ちょっとWikipediaで追ってみています。引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/剣闘士

剣闘士となる者の大半は戦争捕虜や奴隷市場で買い集められた者たちで、反抗的なために主人に売り飛ばされた奴隷が多かった[33]。何らかの理由により自由民が志願するケースもあり、研究者の試算によると剣闘士10人中2人が自由民であった[34][注釈 2]。また、犯罪者も剣闘士として闘技場に送られた[35]。剣闘士は勝ち続ければ富と名声を得ることもできたが、一方でローマ人たちからは「堕落した者」「野蛮人」「恥ずべき者」(インファーミス)と見なされており、その社会的地位は低く売春婦と同類と見なされ、奴隷の中でも最下等の者たちとされ蔑まれた[36]。

↓ここから少しましになり

奴隷の訓練生には劣悪な住居が与えられたが、自由民や勝ち続けた剣闘士の居住環境はましであり、最高位の筆頭剣闘士(プリームス・パールス)にまで上りつめた者は最高の住環境を要求することができた[51]。また、その生活は必ずしも外界から遮断されていたわけでもなく、恋人を持ったり家庭を営む剣闘士もいた[52]。

↓果てには、

共和政期には下層階級の者が剣闘士試合に出ることがあったが、帝政期に入ると騎士階級や元老院階級の者までもが出場した事例もあり[56]、極端な例としてコンモドゥスは皇帝でありながら自ら剣闘士として闘技会に出ている[57]。

となっており、まぁ、よくわかりません。自分で考えろっていうことですかね。Wikipediaでちょっと調べて諦めるあたり、その程度の疑問ではあるんですけど。スパルタカス以降で奴隷に対する取り扱いが、超酷いから酷いくらいにはランクアップしたらしいのと、もともと娯楽としては定番であったことから、意識向上がちょっとあったのと競技として成立してたということでしょうかね。ここで、歴史映画同士の考察が広がっていくとはなかなか興味深いものであります。

次は、それを紐解くため、「ローマ帝国の滅亡」をリメイクしたらしく、さらにこれより面白くなっているという映画「グラディエーター」をチェックしたいと思います。確かに、ローマ帝国の滅亡とまで決めつけてしまう謎エンディングよりかは、バカ殿がゲームに興じながら国が崩壊していくアクション映画、というのも見てみるぶんには、ローマ帝国のあの時期の解釈をひろげていくにはいいかもしれないですね。

【書評】ロープライス・エブリデイを読みました

世界最大小売店のウォルマート、その創業者の伝記です。日本では西友の親会社になっちゃいまして、そのときはアメリカの謎企業すげぇ!イオンとかのアメリカ版かな?とかいろいろ想いを馳せていたところですが、そのうち当然のようにウォルマートについては目に触れる機会、耳に触れる機会はふえていき、ロープライス・エブリデイに出会うのは必然だったよに思います。

(1)
ロープライスエブリディを入手するまでに、様々なところでウォルマートのことを見聞しましたが、最後の決め手となったのが「ザ・プロフィット」という本です。これはこれで素晴らしい本でまた再読をじっくりしなければいけないのですが、その中で師弟の会話で「ウォルマート伝記のロープライスエブリディを読みなさい。小売業やってるなら古典レベルだがね。」とありまして。

Eコマースはそれこそ小売業であり、またセブンイレブンで6年間働き店長を勤めたことがいまとなっては誇りでもある自身にとって「小売業の古典」といわれて手に取らないわけにはいかない。探してみるともう絶版で、Amazonマーケットプレイスでなんとか手に入れた経緯があります。そこまでしなければもはや手に入らないという本もなかなか素晴らしい。
垂涎モノで入手し、電子書籍に本を突っ込みまくっているくせにこの本だけは日ごろもちあるいて、他人に自慢もしつつ(自慢された各人、意味不明みたいな顔をしておりましたが)、実に楽しく読み上げたものです。

(2)
ちなみに、話はそれますが。売り切れているけど人気がでてて、さらには定価よりも高い価格になってAmazonマーケットプレイスで売られている本ほど、なかなか勉強になるものです。過去、そういったものがいくつかありましたが、橋下徹さんの交渉術の著書がヤバかったですね。
定価が1200円くらいの普通の交渉本で、まだまだTVにでる前にだされてたようなのでもう絶版なのですが、大阪府知事に立候補した人気フィーバーのときに内容がすごいと話題になり、2000円に値上がり。買ったはいいもののなんと引越し前の住所に送ってて入手できず、次に見たら4000円になってたのですが仕方なく買い、その本を入手するために6000円払ったことになります。さてその交渉術が今日役に立ってるかと自問すると、胸が痛い思いになりますので、ちょっと再読の時間はつくろうとおもうわけなのですが。

(3)
ロープライスエブリディは話の構成がサム・ウォルトンさんのべた褒めインタビューで構成されてるので、ところどころ気持ち悪いほどの賞賛っぷりがみられるのですが、それは創業者サムさんの強みでもあると思うのです。自分が作り出すもの、評価されるもの、すべて完璧じゃなければ気が済まない。だからお店にはいって改善点は店長と協議する等の細かい業務も怠らなかった。ビジネスって、理想論をいうのは簡単だと思うんですけど、【言うは易く行うは難し】の巨大集合体みたいなもんですからねビジネスって。そう思います。
だから性格からして熱中していたんだろうなぁという点が観測され、熱量と信念と興味というもので強豪を圧倒していたようにおもうわけです。

(4)
この本からウォルマートの大成功を読み解くときに、共通点を見出した過去の本がありました。「スターバックス成功物語」です。ハワード社長による自伝でスターバックスコーヒーまでの成功が描かれておりますが、ウォルマートも、スターバックスコーヒーも、惜しみなくスタッフに株式を分け与えてたんですよね。キャピタルゲインを手にした従業員は、真の意味で会社に貢献すると。ウォルマートなんていうのは、「値下げすればするほど利益は増え、その利益をスタッフに分配すればするほど利益が増えた」という風にいいますからね。普通の経営者だったら逆の判断をしそうなものです。

(5)
じゃあ結局、株式配って上場したらいいね値上がりしたらいいねで、金でスタッフのモチベーションをコントロールするのか、と、いう話になるとおもうのですが、そこに真理を感じるわけですが、半分金で半分愛なんだと思いますやっぱり。そこって直視しないと実は成功に近づけないんじゃないのかなぁと。気合いとビジネスモデルで創業者筆頭株主で崩さず上場している会社のほうが多いなかでも、小売業においては少なくともそうなんじゃないかなと。
金なのか愛なのか、ではなく、両方なんですよね。スタッフが会社を愛してくれるように一生懸命経営理念を話す経営者はたくさんいますし、むしろそれが仕事ですが、非上場時からキャピタルゲインを意識させるアメリカ風のやり方で「ビジョナリー・カンパニー」「従業員が幸せそうな会社」って呼ばれてるウォルマートとか、スターバックスコーヒーとかの事実を、きちんと承知はすべきなんだと思います。まだこのストック・オプションで跳ねた小売業の事例が、読書の蓄積では2社しか手元にないので、心もとない主張なのかもしれないですが・・・。

(6)
ところでセブンイレブン大好きでセブンイレブンはビジネスも品質もよく練られているなぁと関心するわたくしからすると、同じくウォルマートのビジネス開拓は凄まじく興奮するところです。発展途上のアメリカにおいてのアクロバティックなものもあり、参考にはならないのですが、

■自家用ジェット機で空中から出店場所を探した
■ウォルマートを、都会から少し離れたところから囲むようにつくって、その後その都市が成長して都会エリアが広くなってくるのを待つ

などなど、いま日本では出来ないようなモデルさえでてきます。
びっくり仰天ですがこういう考えもつかないものを脳に仕入れておくという意味では意義のある本でした。

(7)
キャピタルゲインの話に戻りますが、本の中には、キャピタルゲインで家を買ったトラック運転手さんの感謝話がでてきます。さすがにその規模はアメリカで・あの時期で・売上10兆規模まで右肩上がりだったから成し遂げたんじゃないの、という風に、規模感に疑問は感じなくもないです。でもそれは古典並の本に2013年のいま手にしてる僕が悪いのでケチ付ける権利はありませんね。

【映画】ショーシャンクの空に を観た感想

一番好きなデザイナーさんとかれこれ5年来の友人としての付き合いになりますが、そのデザイナーさんのおうちに遊びにいってたときによく言われ、スカイプでも「あれ観た?ちゃんと観た?」と攻勢をうけてた映画が「ショーシャンクの空に」。価値観がかわると。なんの価値観なんだかはわからないのですが、とにかくおすすめだと。

それから時は流れて3年。ようやく見ました。はまっちゃって3回くらいみた。もうね、パッケージ写真でも貼ろうか動画貼ろうかとぐぐったら、アンディーが出てきて、なんか嬉しくなりますね。

『ショーシャンクの空に』は、1994年に公開されたアメリカ映画。 スティーヴン・キングの中編小説「刑務所のリタ・ヘイワース」が原作である。フランク・ダラボンが監督と脚本を初兼任し、映画化された。

(1)
戦争でひとびとがお互いに切り刻んでるのをみるのは全然いける、むしろ映画をみるうえでの非現実感を楽しむ上でのエッセンスになってしまってる一方で、アンディーが殴られ暴行をうけるというのはヒュンッってなりますよね。なんなんですかねこの矛盾は。そうさせるほど、自分事として受け入れてしまう悲しさや非条理さが、そうさせてしまうのでしょうか。

(2)
結局僕が最近映画をよく見るようになったのって、「目で見てわかる西洋文化史まとめ」みたいな要素があり、読書もビジネス書やノンフィクション中心で小説なんてまったく読まないところと似てて、堅く言えば勉強、実際のところは雑多で幅広いインプット、なわけです。意味もなく小説やドラマを見るということなど時間の無駄以外のなにものでもないと本気で思っているタイプです。
でも、一方で「ショーシャンクの空に」のようなドラマストーリーにはまり、また、偶然第一話再放送をみかけてはまった「半澤直樹」のように、上質なコンテンツは消費したいとも思っているようなのです。
かといって、堺雅人さんをもっと消費したくてリーガル・ハイに行ってしまうTV中毒のような消費方法ではないようです。あれ、全然興味が無いので・・。

(3)
伏線が描かれていてそれが最後にスカッとさせて全部解決!よかったね~どんでんかえし!キレイに伏線をきちんと回収したよ^^/という頭いいタイプの物語でいうと、デスノートなんかも好きです。タイプは違えど、作品を見終わった後に伏線をひとつひとつ思い返していくようなところとか、すばらしい。
ショーシャンクの空にでいうと、刑務所長官が聖書好きっていうのが入所初日にわかって、それが脱走作戦でつかわれてたり、アンディーが刑務所長官につくらせた架空の口座などはあとで自分がなりすますためのものだと絵をきているところであったり。そういう緻密なところとかにドラマ性って完成度の高まりを見せていくんですね。

(4)
勝手ながら25年間にわたって映画を楽しんでこなかったものから意見をするとすれば唯一、ラストシーンはどなんだろうねという印象もなくはない。国境超えられるのかどうかわからないけど行ってみよう!というレッドさんのバスが地平線に消えていくシーンで終わりでもよかったんじゃないのかな、とか。あと矛盾点のツッコミとしては、長官の金庫にネタバレグッズを仕込んで靴までもらって脱獄決行するわけだけどよくその日に雷までなっててよかったね、という話。
いや、まぁそこまで見てるというほどはまりました、という話でもあるのですが。

と、いうわけで、わたくしも「ショーシャンクの空に」を見終わって、名作映画をひとつミッションクリアし映画通の仲間入りだ!と思いながら感想記事なんかをネットで拾い読みしてますと、すでに「好きな映画でショーシャンクを挙げるやつとか自称映画通」という烙印になってまして、面白い映画であることは認められつつも定番すぎるのでもう流されてる感を感じ、あぁ世の中の情報速度ははやいなぁと感じるところです。もう少し、「ショーシャンクの空に」観たよってドヤ顔したかったですが・・・。

【映画】スパルタカスの感想

さて西洋文化史を総予習・復習し来春のヨーロッパ旅行に備えようという計画がまさかの駄作映画「ブレイブハート」から火が付き、やたらとTSUTAYAでブルーレイDVDを購入してきてしまったわけなのですが、映画というものは単に映画館に行って2時間過ごすものと本気で思い込んでいたわたくし(ロード・オブ・ザ・リングが一話3時間で3部作と聞いた時には狂気の沙汰かと、時間の無駄すぎると当時断固反対し未だに見ないまま今に至る)がまさかの4時間映画「スパルタカス」に挑むわけです。

『スパルタカス』(Spartacus)は1960年のアメリカ映画。ハワード・ファスト(英語版)が執筆したスパルタクスの反乱をテーマにした小説を、スタンリー・キューブリックが映画化した歴史スペクタクル映画。

(1)
舞台は紀元前73年のローマ、第三次奴隷戦争の指導者でありカリスマ英雄となっていまも評価されているスパルタカス氏の歴史映画。いや、恥ずかしながらこの辺の順番にうといため、まず映画をみるにあたりまして、第三次奴隷戦争あたりのキーワードを拾ってよくよく精読をさせていただいたところです。受験科目にも一切なく、大学でもコレ系の単位を一切とらずにきて、体系的に学んだ記憶なし。これまで歴史はオール雑学と愛想笑いで乗り切ってきたところからすると、こういう一瞬一瞬がまた真実に触れていくようで大変おもしろいんですよね。

(2)
読書ジャンルは完全にビジネスでしかも自己啓発には手を触れなくなった最近においては企業研究・ノンフィクション・ビジネスマンや政治家の伝記などになってくるとですね、もう完全に近代ビジネス史。そのついでに第二次世界大戦などのあたりの話にまでさかのぼっていくことはあっても、それは「失敗の本質」など政治・ビジネスに役立てようぜというノリの元にそちらに触れているのであり、その大本の根本たる流れなどはなかなか掴みどころがなかったわけです。
なので第一次世界大戦なんというのはWikipediaをたまに開くも、あんまりよくわからない。そして、「残酷な中世ヨーロッパ」「アメリカの歴史は血塗られた歴史」「残酷な室町時代の日本」などなど耳には挟んできながらも、今日までその本当の残酷性はわかってなかったっていうことになるんですよね。

(3)
どこかのまとめサイトでですね、「第二次世界大戦はなぜ起こったのか」という記事がありまして、日本の優秀な方々が集って議論されてたように思いますが、誰かが「第二次世界大戦がおこったのなんて日露戦争、日清戦争あたりから徐々に引きがねをひいてる」「そんなことをいってしまえば西暦1500年くらいからの白人文化のアジア植民地化くらいから引き金を引いてる」なんて議論になっててです。
まぁ、植民地という話と、今回のローマにおける奴隷制度というのは、違うわけなんですけども。じゃあそのルーツってどこにあるの、という話になると、紀元前にさかのぼってこの話にたどり着いてもおかしくないわけです。そんなわけで、第三次奴隷戦争をテーマにした本映画「スパルタカス」は大変わくわくしながら予習を追え、これは学習だからとワインもあけずジンジャエールを片手にみはじめるわけです。

(4)
世界史で感銘をうけて【そうだったのか!】という開眼に昨年ですかね、至ったのは、きちんと精読して読破に至った「銃・病原菌・鉄」(上下)かと思い出しますが、そこともつながった話としては馬の存在ですよね。世界中に存在し、人間とともに暮らせる大型家畜というのは、馬・牛あとなんか…という話がありまして。(あれっきちんと覚えてないですね。精読できてないじゃん…調べ直したら、羊、やぎ、牛、豚、馬が世界に分布する「メジャーな5種」だそうですね。)

馬というのはもう5000年も前から人間の移動手段だったようです。自動車が出来る前まで主役ってやばい。自動車なんてできて100年ですよ言ってしまえば。それまで5000年は馬メインのお付き合いってやばい。京都銀行のキャッチコピー「ながーいお付き合い」とかいうの、京都にいるときにたまにCM流れててうざいなぁと思うことが何度かあったのですが、目じゃない。京都銀行目じゃない。

(5)
映画に関してはやっぱり分かりやすさが大事で、アクション性も大事ですよねという子供っぽい見方をついついしてきてしまったので、一瞬、スコットランド独立戦争の英雄・ウィリアムウォリスを描いた「ブレイブハート」(昨日の記事参照)のほうが面白いのではないか。という迷いが一瞬でましたが、まぁ扱ってる内容の重さとかテーマとかメッセージからして、格別なのだけども。それにしてもしかし、「スパルタカス」は恋愛に寄り過ぎでしょう、もう少し軍政を束ねて果敢に挑んで歴史を追ってほしかったなぁ。歴史をこの目でみるぞといきごんで見るには、少しドラマ要素が多いようには感じました。

(6)
アクションシーンがしょぼいのは1960年の映画だから大目に見よう。スターウォーズ3のライトセーバーぶんぶん振り回すやつこそが映画だと思い込んでしまってたので、古い映画にはそういう物足りなさを感じてしまうあたり、よく映画レビューでみる「この映画はCG使いすぎで萎える」などと言っている人種とはああ世代が違う経験が違うんだね、と感じなくもないです。

【映画】ブレイブハートの感想

TVにつないでるHDDが勝手にいろいろ録画してくれてるので、ここ半年で映画をよくみるようになりました。あまり映画を見ないので、美しいか、英語が勉強できるか、アクションか、くらいの理由でしか選り好みをしてこなかったのですが、13世紀におきた第一次スコットランド独立戦争を部隊にした映画「ブレイブハート」を見て、映画の楽しみ方がひとつ分かったというのが大きな収穫でした。

『ブレイブハート』(原題: Braveheart)は、1995年のアメリカ映画。俳優のメル・ギブソンが主演・監督した。
アカデミー音響効果賞、アカデミー作品賞、アカデミーメイクアップ賞、アカデミー監督賞、アカデミー撮影賞を受賞。
スコットランドの独立のために戦った実在の人物ウィリアム・ウォレスの生涯を描いた歴史映画だが、史実に大幅な脚色が加えられており、フィクションとしての性格が強い作品である。

史実に基づき歴史上の人物を描かれた映画、その作家/監督のメッセージ色がつきつつも、大変勉強になるなぁと。

(1)
いや、あのですね。「ブレイブハート」自体は、つまらないです。
つまらない映画をみて、面白い映画がなんたるかということが逆に分かったという点で、幅が広がったものです。グルメの道も、美味しいものとそうではないものを幅広く食べることで勉強になり、目利きができていくことと思うのですが、その映画バージョンをようやく理解できたといいますか。映画は年2本、あまり消費してこなかったわたくしからすると、開眼の一言です。

(2)
映画というものは単に映画館に行って2時間過ごすものと本気で思い込んでたので、3時間あると聞いては「めんどくさい」と思い、睡眠時間として捉えてみるも音がうるさくイスは固く「中途半端な昼寝」、そして逐一時計を確認しては「いま全体の40%を消費」などと進捗を確認、なんなら家で映画を見るときはマルチタスクのながら鑑賞が必須。しかしこの映画のおかげで、いやはや”映画鑑賞には前後がある”ということを初めて知りました。

(3)
特にこういう史実に基づく歴史映画、というものはとてもおもしろいですね。
Wikipediaをみて歴史のアウトラインに触れ、非ネタバレのレビューをみて、映画に挑む。世界史というのは中学・高校・大学と深く触れてこなかったおかげで、スコットランドがイギリスの一部であることはかろうじて解りつつも、何世紀に独立戦争があって、などという学習はさてと25年間放棄をしてきておりましたので、まずそれ自体が新しい探究心に心踊らされ、楽しいわけです。その間先にビジネスを勉強してきたんですと言い訳は用意してあるものの、そしてまぁスコットランドの独立戦争ともなるとまあまあマニアックなので誰しもわかる話ではないとはいえ、さて僕自身の西洋文化史というのはあんまり人に言わないほうが良い無知加減ではあると思います。

(4)
一方で建物、町並み、ファッション、歴史、住む人々の階級や息遣いや彩りや文化には大変興味津々で、暇があってはGoogleMapで世界旅行しWikipediaで体系的の真逆といえるような順序でキーワードを拾ってきました経験からすると、「歴史映画」世の真相に近づくようでまことに面白いわけです。スコットランドの第一次独立戦争をテーマにし当時のイングランド軍やその他周辺の貴族などがどういう風に捉えられて描写されているのか、というのは、来春にもイタリア・イギリスあたりに旅行にいくまえの下準備として、きっかけは十分であったのかと思います。

これまでバラバラに拾ってきたもの、読書したもの、人と会い教えていただいてきたもの、こういうのがつながっていくようです。

(5)
さて映画「ブレイブハート」ですが、「ブレイブハート」自体はつまらないと冒頭に述べた部分として例えばまったりとした戦争シーンなどがあげられますが、映画を見終わったあとに他人のレビューを見に行きますと大変に面白いわけですね。
は?って思ったまったり戦争シーンなんかは、中世の戦争なんてだいたいそんな感じという感想を拝見しましてなるほどと納得。全く別の所で聞いた「戦争は99%の移動時間と1%の攻撃」みたいな言葉とも結びつき、なにか解釈の深度が深まっていくようなのです。

さてさて、そんなこんなで映画「ブレイブハート」を通じて、スコットランド独立戦争のアウトラインをビジュアルとともに脳に格納したあとにネットに旅に出ますと、たくさんの演出・解釈違い・事実の捏造(脚色)などがでてくるわけですけど、それを含めて映画なんだなとやけに納得した秋の夜長のはじまりでした。